カクタスソフトウェア
カクタスソフトウェア
サウンド MIDI マルチメディア アプリケーション

波形表示

波形表示タブは、時間軸、レベル軸、トリガチャンネル、ソース選択などの設定を行います。

水平軸

水平(時間/div)

水平軸のdiv当たりの時間を設定します。以下の17レンジを支援します。

時間/div 10μsec/div、20μsec/div、50μsec/div
100μsec/div、200μsec/div、500μsec/div
1msec/div、2msec/div、5msec/div
10msec/div、20msec/div、50msec/div
100msec/div、200msec/div、500msec/div
1sec/div、2sec/div

10μsec/divから50msec/divまでは、一度に全画面を描画する通常の掃引を行います。100msec/divから2sec/divまでは、新しいデータが録音されるごとに波形を描画するスイープモードで掃引を行います。

トリガオフセットの設定

トリガオフセットを変更するには、「ジョグダイヤル」を用いる方法、および画面上の「オフセットマーカ」をドラッグする方法があります。

ジョグダイヤル

ジョグダイヤルの外周をドラッグすることで、トリガオフセットを増減させることができます。ジョグダイヤルをダブルクリックすると、トリガオフセットがリセットされます。

垂直軸

垂直軸感度(レベル/div)

垂直軸の感度を設定します。以下の13レンジを支援します。垂直感度を×1に設定すると、0dBのサウンド入力に対し、画面一杯に波形が描画されます。

垂直軸感度 ×2000、×1000
×500、×200、×100
×50、×20、×10、
×5、×2、×1
1/2、1/5

カーソルでは、「dB」を用いてレベル表示を行います。

一般のオシロスコープでは、垂直軸の単位は電圧(V)ですが、本ソフトウェアは、サウンド入力を想定しているためデシベル(dB)を採用しています。

グランド位置設定

波形のグランド位置を変更するには、「ジョグダイヤル」を用いる方法、および画面上の「グランドマーカ」をドラッグする方法があります。

ジョグダイヤル

ジョグダイヤルの外周をドラッグすることで、グランド位置を上下させることができます。ジョグダイヤルをダブルクリックすると、グランド位置がリセットされます。

チャンネル

チャンネルスイッチ

波形表示をON/OFFします。各チャンネルは独立しているので、任意の組み合わせで表示させることができます。

トリガチャンネル

トリガをかけるチャンネルを選択します。必ずどれか一つを選択します。トリガの設定と、チャンネルの表示は独立しているので、トリガチャンネルを表示しないことも可能です。

現在のバージョン(ver1.4.0)には、外部トリガ入力の設定はありません。

ソース選択

各チャンネルで表示する波形ソースを指定します。以下の2つを支援します

波形ソース ソース1
ソース2

ソースの割り当て

ソース1は左チャンネル、ソース2は右チャンネルに割り当てています。

ドキュメントの先頭へ

カクタスソフトウェア 技術協力 資料室 資料室の広場 SourceForge.jp お問い合わせ